中学一年生レベル英語力で海外旅行

「ココナラ」で旅行、語学留学、海外生活に関する相談を始めました↓

【東南アジア・台湾】英語が苦手でも、バックパッカー、一人旅、節約旅行をしてみたい方の相談に乗ります台湾へ中国語留学、ワーキングホリデー、沈没…etc 初めての台湾生活が不安な方の相談に乗ります

医者はどこだ!澎湖の牡蠣は安かった…どころか、無料で食べたという話


 

澎湖4日目、前回の続き
早餐街で朝食を済ませて、昨夜に老街の店で注文した印鑑を受け取りに行く。
澎湖島は天然石で作った印鑑が有名で、街中で売っていて、しかも安い。台湾は日本と同じくハンコ文化があるのだが、日本のように「名字だけの印鑑」は無いのでフルネーム。日本に帰ったら実印にしよう。100元(320円)
image

澎湖を訪れる前は、無数にある美しいビーチを巡るつもりだったのだけど、「この島は、どこのビーチに行っても美しい」ということが分かったので、街周辺を観光してみることにした。

グーグルマップで見つけた馬公市北辰零售市場に行ってみる。
場所はこの辺↓
image

地べたに敷物を敷いて商品を広げる、東南アジアのマーケットによくあるスタイル。
日本ではほとんど見なくなった光景だけに、目にするだけで異国情緒を感じる。タイでもカンボジアでもマーケットに行くだけでテンションが上がるが、台湾人は日本人と顔つきが似ているせいか、異国情緒よりも、そこはかなとなく懐かしさがある。
image

ホッケ…は冷水域の魚なので違うが、こちらの料理屋で適当に注文すると、よく出てくる魚。味もホッケっぽい。
image

手前はサバヒーかな?あまり見かけない、いかにも南国なカラフルの魚も並んでいた。
ゲストハウスには大抵はキッチンがあるので、自分で調理してみるのも面白いかもしれない。
そういえば台湾に来てから全然自炊してないなぁ。
image

フルーツも売っている。
気候や土壌の関係で、澎湖では生産できないはずなので、おそらく台湾本島から運ばれたものだろう。
image

image

旅行者で、さらに一人だから、生鮮品や青果物は買っても仕方ないのだけど、買い物客を相手にしたカットフルーツの屋台や、小菜の屋台もあるので、市場を冷やかしながら結構楽しめる。
食料品以外にも、衣料品や装飾品、スマホのアクセサリーを売る店もあった。値段も安い。



市場を冷やかして、澎湖本島をぐるっと一周してから、東の端の龍門沙灘(後灣沙灘)へ。
場所はここ↓
image

このビーチも水の透明度が凄い。
しかもここは砂浜が珊瑚なので、水着の中に砂が入ることも、身体にまとわりつくこともないので快適。
正午くらいなのだが、右を見ても左を見ても、例によって人がいない。自分含めて3人。
またもやプライベートビーチ。
image

image

ビーチの入口には、日除けの付いたベンチと、戦車の形をした建物があって、更衣室とトイレ、シャワーというかホースのついた水道があった。もちろん無料。
image

image

2時間くらいはいたけど、ちょっと寂しい。
近くに店が無いので飲み物も買えないし、食事もできない。そもそも観光客どころか近くに民家もないので人がいない。
お弁当と、クーラーボックスに飲み物を入れて、パラソルなんかも用意して友達同士で来るなら、一日中いられると思います。
素敵なビーチだったけど、一人では寂しかったので、島で一番賑やかな隘門(アイメン)ビーチに移動。
ビーチチェアにパラソル、やっぱこれでしょう。
image

医者はどこだ
image

あいかわらず中国語はできないが、「幫我拍照好嗎?(バンウォウパイジョウハオマ?、私の写真を撮ってもらっていいですか?…合ってるかは知らない)というフレーズだけは通じるようになった。
経験上、国を問わず、旅行者の頼み事を親切に聞いてくれるのは女性なので、若い女の子のグループなどを狙って声をかけるのだけれど(?)、発見したことがある。
写真を撮ってもらった後、「謝謝」ではなくて、「感謝(ガムシャ)」と台湾語で返すとウケてくれる。
まあ逆の立場だったとしても、外国人が方言で話すと面白いもんね(台湾語は方言ではないけども)。
台湾に旅行する人はやってみてください。笑



日が暮れてきたので街に戻って観光の続き。順承門
image

篤行十村
旧日本軍にもゆかりがあるらしい。詳細はこちら(日本語)
image

image

ここの他にも、澎湖には日本に所縁のある史跡が数多くある。歴史に興味のある人なら、ビーチ以外でも十分に楽しめると思う。
古い建物を壊さないで再利用するのはいい。日本は気候が特殊なので建物の寿命が短い、という話をどこかで聞いたことがあるけれど、台湾も日本と同様に高温多湿、台風や地震も多い。気候ではなくて思想の違いだろう。どちらがいいかという話ではないけども。



夕食は、馬公中心部の非烤不可 というお店に入る。店の前の歩道にテーブルを出して飲み食いさせるお店で、自分はこういう店が大好きだ。
image

台湾風焼き肉串。ようは炉端焼きのお店。一本20元くらい。
せっかく澎湖に来たのだから、海鮮も食べたい。焼き牡蠣の値段を訪ねると200元(どれくらいの量かは分からない)だという。
お金が無いわけじゃなかったのだけど、一食60元も出せば食べられる国だ。
バックパッカー風情の悪い癖で、「う~ん、ちょっと高いからやめとく」と答えるも・・・
image

串焼きを食べていると、先ほどの店員が断ったはずの牡蠣を持ってきた。
え、頼んでないよ!まぁしょうがねえかと、お金を払おうとすると「いらない、いらない、サービスだよ」と英語で言われる。
金のない貧乏旅行者だと思われたというわけじゃなくて(たぶん)、台湾のローカルの店だと、ごくまれにこういう事がある。台湾のおもてなし文化。澎湖人は優しいなぁ。
image

客が自分一人で暇だったのか、日本人だろ?日本のどこから来たの?と少しおしゃべりをする。英語が上手い。直後に店のオーナーがやってきたので、慌てて仕事にもどる店員さん。
多謝!下次我的朋友一起来、今度は友達と一緒に来るね、と別れた。

澎湖4日目は終わり。明日の最終日につづく!(おわり)

ブログランキングに参加してます。
下のボタンを押して評価していただけると、記事を書く励みになりますので、よかったらお願いします!。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村



澎湖島からアイランドホッピング、吉貝島はノーヘルOKの島だった!


 


前回の続き

特に予定を決めていたわけではないのだが、早餐街で朝食を済ませて、吉貝島に行ってみる事にした。
グーグルで画像検索すると、「沙尾」という美しくて珍しい地形がヒットする。
bw_55823416017ec

これはちょっと見てみたい。

どうやら白沙郷というところにある赤崁港から船が出ているらしい。
港の場所はこのへん↓
image

馬公中心部から30分くらいで着いたような気がする。
港の駐輪場にバイクを停めて(もちろん無料)、チケット売り場を探す。
image

image

またもやチケットカウンターが多数あって、どこで買っていいのか分からない。
どうやら、ジェエトスキーやバナナボートなどのアクティビティとセットになっているもの、吉貝島でのレンタルバイクとセットになっているもの、乗船券のみ、と扱っているカウンターが違うらしい。(帰りによく見てみると、単に会社が違うだけみたい)
image

image

例によって、一番空いているカウンターで購入を試みるも、僕のしょっぱい英語も、インチキ中国語も通じない!
ヘッタクソな中国語でも台南では察してくれて、なんとなく通じる事も多いのだけど、澎湖のおじさんには惨敗続きだ(若い人は男女問わず通じる。たまに英語や、ほんの少し日本語が分かる人もいる。おじさんだと台湾語オンリーで、そもそも中国語を話してくれない人も)。
image

筆談と中国単語のみで、なんとかチケットを購入。
僕の認識では「吉貝島までの往復と、レンタルバイク込みで400元」だが、果たして・・・。
image

乗船時間まで1時間ちかくあったので、ベンチで休憩。台湾名物(というか、日本以外のアジアの国ではよく見るけど)犬も休憩。外は暑いからね。
image

小さい売店あり。コンビニより少し高い。
image

乗船時間20分前に、チケット売り場から人が出てきて、なにやら叫んでる。
近くにいた若者にチケットを見せて「この船のことか?」と聞いたら、あいつに着いて行けと言う。
そして乗船。あっと今に出航(出航予定時間20分前)。
image

image

チケットに書いてある時間はざっくりで、港に船が着いて、定員まで人が乗れば、すぐに出航するみたい。
船に限らず台湾ではこういうのが結構多い。逆に時間を過ぎても待ってくれたり、簡単に次の便に乗せてくれたりもする。
日本で時間キッチリに慣れ切っていると、こんなささいな事でも心配になっちゃうけど、徐々に慣れてきて「南国気分でいいよなぁ」とか思い始める。人によってはイライラするかもしれないけど。



30人乗りくらいの船はかなりスピードが出て、波の上を跳ねるように進む。結構揺れる。
船を操舵する陽気なおじさんは、台湾語で冗談ばかり言ってるらしく、船内は大笑いの渦に。せめて中国語で話してくれー。
「島が見えるぞ、立ってみろ!(たぶん)」、一斉に立ち上がる乗客たち。
いいのか、それで?そういえばライフジャケット着てないよな。タイですら乗客全員が着せられたのに。
まぁ鬱陶しくないので逆にいいんだけど。
image

吉貝島に到着。所要時間20分。思ってたよりも近い。
image

他の乗客に着いていくと、レンタルバイク屋が複数入った駐輪場についた。
image




他の乗客たちは、乗船券の他に引換券のようなものを持っていて、それを渡してバイクを借りている。
そんなの貰ってねえぞ、レンタルバイクとセットじゃなかったのかな?

とりあえず交渉を試みると、レンタルバイク屋の兄ちゃんが英語が話せた(まあ自分があまり話せないのだけど)。

「国際免許持ってるの?」

日本で免許の翻訳文を取得してあるので、それを見せる。
あんまりよく分かってなかったみたいだけど、まぁいいか、という感じで貸してくれた。一日250元とのこと。
image

※台湾では、大人の事情で国際免許が通用せず、代わりに日本の免許の翻訳文が必要なのだけれど、「国際免許で借りれた」「国際免許では貸してくれず、翻訳文が無いと貸せないと言われた」「翻訳文を知らなくて、国際免許じゃなきゃダメだと言われた」「パスポートだけで貸してくれた(無免許)」等々の証言有り。
人によって対応が異なる模様。正式には「国際免許は×、翻訳文が○」です。

本当は125ccのスクーターが良かったんだけど、貸してくれたのは電動バイク。
乗ったことがなかったので、まあいいやと跨る。

あれ、ヘルメットは?

「この島にはポリスがいないから、ヘルメットなんて被る必要ない」
とのこと。

冗談で「じゃあ、ランチでビール飲んで運転しても捕まらないね!」と言うと

「好きにしろ。事故ってバイクを壊すなよ?」と真顔で返された。マジかよ。

たしかに誰もヘルメット被ってないな。
image




電動バイク、正解だった。
小さな島だし、ビーチを離れると波の音しかしない、とても静かな島なので、ノーヘルの爽快感と合わせてとても気持ちがいい。

とりあえず島を一周。
すっげえカントリーロード。
image

image

image

澎湖名物、メットイン開けっぱなしのスクーター。
image

やっぱり治安がいい。
宿に帰ってから聞いた話によると、澎湖で最近起きた凶悪事件は、「吉貝島で海ガメを捕まえた漁師がいて、島の消防局員がそれを買って食べた事件」とのこと。
いや、それが一番凶悪なら、すげえ治安がいいのは分かるけど、海ガメは食べちゃ駄目だろう笑。

島の中心に一応コンビニもあり。
image

image

海は昨日の山水のほうが綺麗だったかなぁ。

沙尾の付け根のほうは各種アクティビティあり。海の家も数件。
image

image

image

image

先っぽの方には誰もいない。またもやプライベートビーチ。
image

image

波も静かだし最高だな!
image

海の家で昼食。
値段も街中の店と変わらず。ほんと商売っ気のない島だよ。
image

image

image

あ、バイクで来た人たち(というかバイク以外の移動手段はない)が普通にビール飲んでる。笑
ここはそういう島だ。解放感があって良い。
image

またちょっと遊んで、島の中心部(ファミマがあるあたりに移動)。
澎湖名物・サボテン(仙人掌)のかき氷。
image

image

色は毒々しいけど、着色料、添加物一切ナシだそうな。
日本人観光客が台北でよく食べるマンゴー雪花氷なんかよりも、サッパリしていて気候にあってる。美味しい。
マンゴー雪花氷は、甘くて途中で飽きちゃうので、やっと台湾で美味しいカキ氷を食べられた気分。100元。



吉貝島滞在4時間、充分楽しめました。
帰りに見た赤崁珊瑚貝殻海灘も綺麗で空いてたなぁ。
image

台湾のテレビドラマの舞台になって有名な建物だそうで、若い女の子が写真を撮っていた。
image


宿に帰ってドラゴンフルーツ(赤と白があることを初めて知った)をご馳走になったり、
image


火鍋を食べに行ったら、牡蠣を山ほど入れた具だくさんの鍋(これで一人分)が日本円で600円ちょっとだったりとか、
image

image

そんなこんなで澎湖3日目終了。次回に続きます(おわり)

ブログランキングに参加してます。
下のボタンを押して評価していただけると、記事を書く励みになりますので、よかったらお願いします!。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村



地球の歩き方にも載ってないビーチが、南太平洋の離島並みに綺麗だった話


 

南太平洋の離島に行ったことないけど。

image


『シン・ゴジラ』を観てきました。台湾では『正宗哥吉拉』。
「正宗」とは、正統とか本家とか、そういうニュアンスなんですが、なんかちょっと違う感じがしますよね。香港では「真・哥吉拉」というタイトルなので、台湾との感性の違いが気になります。
ともあれ、ニュースも映画もテレビも、ほとんど時差なく観られるのも台湾の暮らしやすいところです。


というわけで、だいぶ間が開きましたが澎湖島の続き。

馬公中心部から少し北の早餐(朝ご飯)街で朝食。
場所はこのへん↓
image

澎湖唯一の映画館がある通りなので、誰かに聞けばすぐに分かる。

台湾の人は食べ物屋に行列するのが好きだけど、ここでも人気店は行列。
どこに行っても空いている澎湖で、一番混んでいた場所かもしれない。
image


外帶區に料理の写真があったので、どんなもんか見ていたら、店のおばちゃんが「これにしろ」と薦めてきた、澎湖の魚(名前は忘れたし、そもそも読めない)のフライが入った蛋餅。
image


予想外に美味しい。
早餐に限らず、台湾の食べ物は塩気が少なくて(日本人の塩分摂取量はきわめて高い)、調味料で勝手に味付けしろという感じだけど、ここのフライは日本人好みの塩味かも。



朝食を終えて、山水沙灘へ。
場所はこの辺↓
image


馬公中心部から30分くらい。
街を離れてしまえば信号も少ないし、道も広く、交通量も少ないので快適。
台北の交通量を見ちゃうと、台湾で運転なんかできないと思うけど、澎湖なら余裕。まるで北海道で運転してるみたいな感覚です。くそ暑いけど。
image


到着。
海辺のカラフルな民宿が建ち並ぶも、まるで人気がない。飲食店も海鮮料理屋が一件あるだけ。うわー飲み物を買ってくればよかった!。

image


image


image

右を見ても、左を見ても、ほとんど人がいない。ほとんどプライベートビーチ状態。



海に近づいてみる。

image


おお~

image


こんな透明な海、見たこと無い!

image


昨日の隘門ビーチより水の透明度が高くて、人もいない。浅瀬にいる魚が手掴みできるんじゃないかってくらいハッキリ見える。

こんなビーチをほぼ独り占め。
どうですか、お客さん!?

ちなみにここのビーチも、入口に公園みたいなスペースがあって、トイレと更衣室、シャワー(コイン式、10元)がある。
image


綺麗な海を飽きるまで堪能して、食事をしに街にまで戻ろうとすると、入れ違いに来た台湾人の若者が、バイクのメットインを開けたままでビーチに歩いていく。
image


ヘルメットもそのまま入ってるし、閉め忘れたと思って呼び止めると、「お日様に照らされてシートが熱くなるから、わざと開けっぱなしにしてるんだ」とカタコトの英語で言われた。

「メットイン開けっぱなし」は、この後も何度も見るんだけど、街で観察してみると、みんなバイクの鍵はかけない、車はエンジンかけっぱなし、窓全開でコンビニに入ったりするし、ヘルメットはミラーに引っかけたまんまだし、飲食店では財布やスマホをテーブルに置いたまま席を離れたりするし、澎湖の治安の良さを物語ってる。
東京なんかより、よっぽど治安が良いと感じた。(おかげで自分も、バイクに鍵をかけ忘れてビーチで泳ぐ事数回。笑)



午後2時すぎ、馬公の街に戻って食事のできる店を探す。
台湾旅行をしたことのある人は知ってると思うけど、昔の日本みたいなかんじで、午後の中途半端な時間だと中休みで、チェーン店以外は閉めちゃうんですよね。

澎湖にチェーン店はマクドナルドとモスバーガーくらいしか無いし、台湾っぽいものが食べたかったので、散々探してようやく開いている店を発見。
image


福鴨鴨肉大王
image


適当に入った店だけど、店内の壁はサインだらけだったので有名なお店なのかもしれない。
image


鴨肉麺、たしか90元。
鶏殻出汁のあっさりラーメンっぽくて、結構美味しかった。
image




食事を終えて、午後3時半。まだまだ暑いので休憩。

日本では絶対に入らないような、オシャレなカフェのテラスで休憩。
アイスコーヒーが確か200元近くしたので、ちょっと高い。
image


老街を散策。
ビーチだけでなく、こういう台湾っぽい光景も楽しめる。
image


澎湖は台湾で最も歴史がある(漢人が最初に住みはじめた)所なので、台湾で一番古い廟があるのも澎湖です。
image



夕日を見に観音亭海浜公園へ移動。
image


完全にデートスポットでした。

公園から見える西瀛虹橋という橋は、日が暮れると虹色にライトアップされて水面に写ってロマンチックとかなんとか。
image


image


というわけで、この後は宿に帰ってビールを飲んで寝ました。澎湖二日目は終わり。
明日は吉貝島へ行きます!(おわり)


ブログランキングに参加してます。
下のボタンを押して評価していただけると、記事を書く励みになりますので、よかったらお願いします!。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村



adsense
エクスペディア
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ