バンコクに三泊した後、ふたたびドンムアン空港に戻り、国内線でクラビへ。
タイ・ライオン・エアで所要時間一時間、運賃は約1000バーツだったので、この日のレートで3000円くらい。安い。

ちなみにクラビってこんなところ↓
タイのビーチリゾート!クラビ島のすごさが丸わかり

クラビ国際空港に到着。あいにくの雨。
IMG_20160907_082353

旅慣れない頃は、必死になって下調べをしていたのだけど、空港からの移動手段など全く調べてなかったんですよ。今回は友人も一緒だし、最悪わからなくても現地人に聞けばどうにかなるか、と。

国際線ターミナルのほうに適当に歩いていくと、バスチケットカウンターを発見。アオナンまで150バーツ。
IMG_20160907_084639
IMG_20160907_085209
乗車率は7割程度。僕ら以外は全員ファラン。
クラビタウンを経由して、一時間弱でアオナンに到着。ここで船に乗り換え。
クラビの街は、バンコクとはうって変わって、なんだかのんびりしている印象。みんな信号も守るし(?)。

バスに乗るときに「ライレイに行きたい」と言っておけば、ドライバーがちゃんと教えてくれます。
バスストップというか、旅行代理店の前に停まるので、ここでライレイまでの船のチケットを買う。料金は忘れたけど、たしか100バーツくらいだったような…?
IMG_20160907_094824

目指している「ライレイ・ビーチ」という場所は、離島ではないのだけれど、断崖絶壁に阻まれているので道がない。なので船でしか行くことができない陸の孤島。
ロングテールボートが一時間ごとに運航している。
IMG_20160907_100844

浮き桟橋をわたって(一年くらい前までは無かったらしい)乗船。10分くらいでライレイに着く。
IMG_20160907_102811

一番前に乗ると水しぶきがかかってテンションが上がる。一応動画も撮っておいた。


ライレイ到着。
いままでタイで行ったことのあるビーチは、パタヤとラン島くらいのもの。
ビーチはあまり綺麗じゃないけど何でもあって馬鹿騒ぎができるパタヤも、中国人団体観光客で溢れるラン島も、結構面白かった。

ここクラビも、行くまではパンガン島みたいなイメージをしていたのだけれど、全く違った。

とにかく静か。
IMG_20160907_151544

「時間がゆっくりと流れる」という表現が、比喩でなく実感できる場所だった。
IMG_20160907_144028

聞くところによると、パンガン島もプーケットも、大昔はそういう場所だったそうだ。
美しいビーチと牧歌的なリラックスできる環境で、一部の欧米人がひっそりと楽しんでいたのだが、いつの頃からか観光開発され、マリンスポーツやパブ、ナイトクラブで一日中馬鹿騒ぎする場所になってしまったとか。

そういう反省からか、ここライレイではマリンジェットみたいなアクティビティは法律で禁止されている。
拡声器の使用や、路上での物売りも禁止。
アイランドホッピングでそういう遊びができる島にも行けるが、ここで出来る遊びはシーカヤックやクライミングなどの静かなもの。料金も安い。
IMG_20160907_151243
IMG_20160907_144343

じゃあ何も無いところなのか?というと、決してそんなことは無い。
欧米人向けのリゾートホテルが多数あり、レストランやバー、マッサージ、土産物屋も充実している。
その上、なんと言っても、客引きやボッタクリがいない。
IMG_20160908_103649
IMG_20160907_151232
IMG_20160907_152045
IMG_20160907_154438

滞在したリゾートホテルのプールでくつろいでいたのだが、ここにいる白人たちは、東南アジアでよく見るような馬鹿騒ぎをしていない。
一か月単位で休みを取り、外界から隔絶された静かなリゾート地で静かにすごす場所らしく、その辺はわきまえているのは、さすがファランといったところだろう。まるで図書館にいるように、皆ヒソヒソと会話をしていた。

動物も警戒心が無く、なんだかのんびりしてる。人が近づいても逃げない。
IMG_20160907_120413
IMG_20160907_115544
IMG_20160907_143420

鍾乳洞やビーチなど、いわゆる「名所」もあるのだが、すべて徒歩10分以内で行ける。
というかここには車もバイクも無いので(そもそも車道が無い)、安心して歩けるし、「あれも見なきゃ、これも見なきゃ」と強迫観念にかられて観光疲れする心配もいらない。

我々日本人も含めて、東アジアの人間は「休み方を知らない」と揶揄されるが、この場所に来てその意味が初めて理解できたかもしれない。とにかくゆっくり、何もしない、本当の意味でリラックスできるところだった。


次回はライレイで滞在したリゾートホテル(ツイン朝食、プール付きで一泊5000円くらい)と、食事など物価を紹介します。(終わり)

ブログランキングに参加してます。
下のボタンを押して評価していただけると、記事を書く励みになります。クリックよろしくお願いします!。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク