以前、台湾サッカーリーグを観に行った記事を書きましたが、今回は代表戦を観に行ってきました。

2016年10月8日、10月11日と開催される「AFCアジアカップ2019 予選プレーオフⅡ」の第一戦。(レギュレーションはリンク先を参照)
チャインーズタイペイ(台湾)vs東ティモールの試合です。

最新のFIFAランキングによると、加盟209ヵ国中、台湾が178位、東ティモールが183位。
ちなみに日本は56位で、2次予選グループ1位通過、本大会への出場が決まっています。


台湾サッカーの情報は、「中華民國足球協會CTFA」のフェイスブックページにあります。
台湾で何かを知りたい時はフェイスブック検索が便利です。協会のホームページはこちら

チケットは日本と同じくプレイガイドが販売します。サッカー協会のHPからリンクを辿って詳細を確認
コンビニの端末機から購入。僕はセブンイレブンのibonを使いました。
中国語表記ですが操作方法は日本と同じだし、漢字も読めるので、よっぽど鈍臭い人でなければ余裕で買えると思います。
IMG_20161005_204838
前売り券は、大人200元、学生150元。当日券だと300元になります。


当日の試合会場はこちら
Screenshot_20161009-102127
高雄國家體育場
高鉄(台湾新幹線)の左營駅からMRTで一つ目、世運駅から徒歩5分くらい。アクセス最高のスタジアムです。

この日は朝から何も食べていなかったので、「台鉄からの乗り換えの時か、MRT駅からスタジアムまでの間にコンビニか何かでメシを買うべ。高雄は都会だから大丈夫だろ~」と余裕をかましてたのですが、
IMG_20161008_172000
何もありませんでした。スタジアムへの食べ物の持ち込み制限はなかったので、行かれる方はあらかじめ何かを買ってから行くといいでしょう。
(ドミノピザを3枚くらい注文して、スタジアムの入口で受け取っている台湾人の観客を見ました。台湾はデリバリーサービスが沢山あるので、中国語のできる方はそれもいいかも知れません)

駅からは一本道なので間違えようがないですが、赤いオブジェが目印。
IMG_20161008_172618

当日券売り場と自動販売機コーナー(飲み物のみ)を抜けて
IMG_20161008_172718
IMG_20161008_172756

近代的なスタジアムです。
日産スタ…豊スタっぽい?いや、全然似てませんでしたけど、敷地が広大で綺麗なので、ぼんやりとそんな印象。
IMG_20161008_173117
IMG_20161008_173450
ウィキペディアで調べたところ、スタジアムの設計は日本人建築家で、建設には竹中工務店も関わったとか。

あれは・・・カラッペ!?
たぶん協会のマスコット。そのへんのスタッフに名前を聞いたけど忘れました。日本同様カラス…だよね?
ペンギンかな?
IMG_20161008_173433

グッズ販売は、ユニフォーム(ホーム、アウェイあり)、缶バッチ、タオルマフラー。
IMG_20161008_174410
IMG_20161008_174348

タオマフの品質はイマイチ、たしか200元。ユニは1000元(以前に購入)。
IMG_20161008_183110

コンコースにスナックとドリンクの売店もありました。日本と違って台湾の屋台は作り置きをしないので、番号札をもらって待ちます。缶ですがビールも売ってました。入場してから売店は無し。再入場はできます。喫煙も外。
海尼根はハイネケン、可楽でコーラと読みます。三明治はサンドイッチね。
IMG_20161008_174752
IMG_20161008_174801

日本同様、瓶缶は紙コップに移し替えて持ち込めます。
IMG_20161008_173649

てことで入場。
入場ゲートを入ったところで、「Taiwan is Taiwan」の弾幕を掲げるサポーター。
IMG_20161008_181552
ご存知のように、台湾はいろいろ難しい問題を抱えている国です。
この試合も公式表記は「チャイニーズタイペイvs東ティモール」ですし、会場に掲げられている旗も国旗ではくてオリンピック協会の旗。試合前に流れるのも国歌ではなくて「国旗歌」。
センシティブな問題で、当事者ではない僕ら外国人が何か言える事ではないのだけれど、思うところはありました。
「スポーツに政治を持ち込んではならない」とされるなかで、結構ギリギリの線かなあ。

閑話休題。
以前記事でも書いたように、台湾ではサッカーの人気がありません。観客が入るスポーツといえば、野球と、せいぜいバスケットボールくらいのものです。以前観に行った国内リーグは、チャンピオンシップにも関わらず、20人くらいしか観客がいませんでした。しかし代表戦は違うようです。
観客数発表は特になかったのですが、目測で1000人くらいは入ってました。観客も割と本気で見ているので楽しい。やっぱりサッカーはスタジアムですね。台湾に来てからサッカー成分が足りていなかったので、テンションが上がりました。笑

試合はyoutubuでストリーミング中継され、後から動画でも観られます。この試合の動画↓


国内外のサッカーを見慣れている人にとっては、物足りないレベルの試合かも知れませんが、選手個人を見れば中国超級リーグ(近年のACLではJリーグより好成績)でプレーしている選手もいるし、東ティモールにはブラジルからの帰化選手(誰なのかは確認できず)もいるようなので、見どころはあります。
台湾代表のパスをつなぐサッカーも面白い。

ちなみに台湾代表の監督は、川崎フロンターレの元監督・今井敏明氏。
東京ガス・サッカー部の監督経験もあると知って、ちょっと縁を感じました。笑

というわけで、
「座ってサッカーを観れない」という長年の僕の習慣のため、台湾ウルトラスのゾーンにお邪魔してきました。
地域リーグのゴール裏っぽいですね。




日本代表やJリーグで使われているチャントと共通のものが多く(というか、ほとんど)、初見の僕でもすぐに合わせられました。「代表チャントは分かりやすく」、それ大事です!。
以前どこかで読んだのですが、台湾のサッカーファンは留学や仕事で来日したときにサッカーを見て、日本のウルトラスやJリーグの応援を参考にしてるんだとか。(ソースは失念。本当かどうかは知りません)


試合は2-1で台湾の勝利。
この試合は東ティモールのホーム扱いなので、2得点できたのは大きいです。
IMG_20161008_205531

試合後に、台湾ウルトラの皆さんと一緒に写真を撮っていただきました。
IMG_20161008_210106
この勢いで次節も勝利、3次予選も突破して、本大会で日本と試合したいですね!

といわけで、日本ではスタジアムに足を運んでたという台湾在住の方、台湾旅行中にちょうど試合日程が重なる方、2018年にプロ化予定の台湾サッカーは、Jリーグ発足前の日本サッカーさながらの可能性を見られるチャンスですよ!。やっぱりサッカーはスタジアムで観るから面白い、マジでおすすめです!(おわり)

追記
この記事をアップしたのは2016年10月9日ですが、2日後の10月11日(火)19時~から、同じ高雄のスタジアムでプレーオフ第2戦があります。詳細は上記リンクから。当日券も買えます。
台湾在住の方で、もし見に来られることがあれば、ゴール裏(正確にはバッグゾーン端)にいますので、ぜひお声をかけてください!笑

第1戦と同様、youtubeでのストリーミング中継もあります。もしかしたら日本から見るにはVPNが必要かもしれませんが、ご活用ください。


ブログランキングに参加してます。
下のボタンを押して評価していただけると、記事を書く励みになります。クリックよろしくお願いします!。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク